リバーハイクにチャレンジ!〜どろんこキッズ9月〜

親子アウトドア「どろんこキッズ」9月、無事終了。

終了した途端 雨が降り始め、すごく肌寒くなりました。

ついさっきまであんなに川で 山で
冒険してたなんて夢みたい

でも、子どもたちも
昔 子どもだった大人たちも
あんなにワクワクしたこと
強烈に残っていますよね⁉︎

9月はまだまだ暑い!

そこでこの夏最後の川遊びとして、リバーハイキングにチャレンジしてきました。

今回のメイン活動は、リバートレイル。
渓流階段を飛沫に負けず進んでいくというワイルドハイク

参加者は、4歳、5歳、11歳の3人のキッズとそのファミリー。

初めましての3人でしたが、リバーハイクの前のダムの周りのハイキングで大人も子ども同士も打ち解けてきました。

(1)ダムの周りハイキング

ダムの周りハイキングで見つけた秋の虫やハーブたち。

周りの木々を這い上がる山芋のツル。そこに実るムカゴ。

まずは、ムカゴをせっせと集める。よし!これをそのままお米と炊くと「ムカゴご飯」になるんだよ。

(2)いよいよお待ちかねのリバーハイク

この川は河内ダムの上流です。水遊びが大好きな子どもたち。

だけど9月、暑いような、肌寒いような・・・。

午前中のハイキングで身体をあっためてからのスタート。

うわ〜、水が冷たい。

そうなんです。海と違って、川の水は冷たいんだよ。

滑らないように気をつけて歩こうね!

お父さんも子どもに返って、無邪気に川の中をザブザブと!

思うように歩けなくてもどかしい。

この川の階段。
三段目が深くなってるのです…

子どもたちは
ゴムボートの登場にワクワク

大人たちは
トライしたけど
やっぱ子ども用のゴムボートは
子ども用なんですね〜

 

何人もの大人チャレンジャーたちは
撃沈😱

そんなひとり
私の勇気を振り絞った結果を
ご覧あれ!
最後にyoutube動画をあげています。

 

子どもたちのスムーズなこと

私の鈍臭いこと💦💦

勇気あるチャレンジャーたち!よぅ頑張った!!

よ〜し!この冷えた身体を温泉にザブンと浸かって温めようではないか〜〜。

(3)いよいよキャンプ開始

今回は、山人クラブでよくお食事に行く「辰味庵」にて
夜ご飯のBBQをお願いしました。

初めてのキャンプということで
今回限りお店の敷地内
屋根付きの場所でテントを張ることになりました。

「このテントは、子どもテントにしよう!」

そう言って、張り切るキッズたち。

BBQもそこそこで
テントライフが楽しくって楽しくって仕方のない様子。

それぞれにマットや寝袋
毛布や眠り慣れたお布団持参もありで
快適な眠りができたかな?

夜の間中、イチョウの木から
ゴトン・ゴトンと
銀杏の実が落ちてくるのが
よく響いてしばらく気になっていましたが
いつの間にか眠っていました。

翌朝、それぞれのテントから
寝ぼけ眼の子ども達が出てくることの可愛いこと。

あ〜、元気がもらえます。

(4)2日目の活動は基山登山

基山は、1時間もあれば、登り上がれるコースですが
今回は子どもたちとの歩きなので
2時間かけて登ることにしました。

山人クラブでは、いつもは佐賀県側から登るのですが
今回は筑紫野市山口の登山口からスタート。

子どももいるのでアスファルト道を選んだのですが

途中で7月の西日本豪雨の痕跡が全くの手付かずで残っていたのです。

《パックリ裂けた大地》

大人も子どもも自然の脅威を肌で感じ取り、ゾゾゾ〜〜〜ッと鳥肌が立ちました。

しかし!

酋長が「ちょっと待ってて」と裂けた道に沿って歩き
迂回路を見つけたのです。

「うん、こっちから行こう!みんな慎重に!」

私は、一番滑りそうな砂利道をサポート。

大人はキッズたちの手を取り、サポート。

どうにか、大地の割れ目をクリアしたのです。

「ヤッタ〜〜〜〜!!」

 

途中で栗のイガイガゾーンになると

「わ!これ、まだ入っとる〜!!」

興奮気味にイガを足で開き中身を出すという技を繰り広げていました。

風で落ちてきた栗たちは
森の動物イノシシたちのご馳走です。

どっちが先に採るか、競争ですね。

今回は、子どもたちがいただかせてもらいましたよ。

ありがとうございました!!

ある子が

「どんぐり帽子被っとっとよ〜〜〜!」

と帽子を脱いで見せると
頭からどんぐりやら栗やらが
ゴロゴロゴロ〜〜ッと
落ちてきたのでした〜。

無邪気に自然と遊ぶって
本当に素直な可愛い顔になりますね。

西日本豪雨以後、足を踏み入れられなかった登山道は
とても草が生い茂り
子どもの背の高さでは
まるでジャングルを進んでるかのような大冒険になりました。

やっとジャングルを抜け出すと
開放的な基山の山頂が出てきました!

基山でのミッションは・・・

「自分たちでオリジナルラーメンを作ること」

初めてのアウトドア用バーナー

自分で選んだインスタントラーメン

自分たちで下から運び上げた水を使って

具沢山のラーメンを作る。

お湯が沸くのも目の前で見えます。

ブクブクと泡が出てきて沸騰。

ラーメンを入れて、野菜を入れて待つこと3〜5分。

出来上がり。

麺を入れるところでお鍋がひっくり返るというアクシデントもありましたが
さすがは、大人!

ちゃ〜んと、お湯がかからない方向に鍋を倒して、事無きを得ました。

「ホッ」

大丈夫大丈夫!

やり直したらいいですよ。私たちがお水のストックを持ってますからね!

そしてできたラーメンはこちら。

ラーメンランチの後は

お待ちかね、フリータイム。

山頂まで探検してもよし!

草スキーしてもよし!

私たちは 頑張った子どもたちのために
山を駆け下りて車を佐賀県側から回してッと!

たくさん遊んで
たくさん食べて
今回のどろんこキッズも
元気いっぱいに遊んで笑顔で帰ってきました。

これは、終わりの会の様子。コーヒーやミルクティを飲みながら、それぞれに、楽しかったことのシェア会です。

大人もこうやってリラックス!

また元気にやってこう!

また、遊ぼうね!

山人クラブの最新情報はfacebookページをチェック