僕がアマゾンに惹かれるわけ(3)

前回までの記事はコチラ→僕がアマゾンに惹かれるわけ(1)

            僕がアマゾンに惹かれるわけ(2)

こんにちは〜、酋長です。

今まで自分のやりたかったことを一つ一つ叶えてきた。その中のアマゾン川筏下りをレポートしている。
では、3回目のスタートです。

初アマゾン!初筏!!

このとき、僕は初南米であり、初アマゾンであり、初筏であった。

アマゾン川の源流地帯アプリマック川の流れは緩やかで、川幅は50メートルほど。
両岸は深い森に覆われている。

それまで、アンデス登山で、雪・氷・岩という無機質な世界で活動してきた。

一転してここは生命溢れるところ。
森に入れば無数の動物や昆虫、苔や微生物がいる。

ゆったりとした流れに身を任せ、どのくらいボーっとしていただろうか。

「はっ!!」

突然の瀬音で我に返る。

アマゾン川で急流が出てきたときの対処方法

前方を見ると、川が大きく蛇行し、波だっている。
流れは速くなり、カーブの外側へと筏はもっていかれる。

吸い寄せられるように崖が近づいてくる。

まともにぶつかれば筏はバラバラになるだろう。

そこで筏の上に中腰になり、
棒を持って全身の力を込めて崖を押し返す。

「トォリャ〜〜〜〜〜〜!!」

連続して何度も何度もこの作業を繰り返して、
崖から解放されると、また緩やかな流れとなる。

そういえば、写真で見たアマゾン川は、蛇行の繰り返しだった事を思い出す。

それからは蛇行を見つけるや否や
右に行くのか左かを見極め、インコースを取るため棒で漕ぐ。

ひたすら漕ぐ。

100回漕いでも2メートル位しか進まない。

「進路は変わっているのか???」
と心の中で呟きながら、ひたすら漕ぐ。

なんか忙しいことになってきた。

・・・・・・・

その甲斐あってか筏はかなりインコースに寄る。

このまま行けば外側に振られる前に、緩やかな流れに乗れるんじゃないかと楽観視する。

結果はその通りだった。

忙しいことになったが、「アマゾン楽勝!」と呟やく。

しかし・・・

アマゾンは楽勝ではなかったのだ…。

続く。


今後の森遊びのご案内


山人クラブでは、山歴40年の酋長と行く「世界中の森」「日本中の森」ツアーや「福岡から出発の日帰り森遊び」を月に1回行っています。また、家族で楽しめる里山体験「みんなのアウトドア」もリクエストで開催しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です